【体験談】恋が一気に冷めた瞬間

付き合っていた彼は、気が楽で一緒にいて楽しくて、こんな人と結婚をするんだろうな、と思っていました。そんなとき、私は体調不良で、ふと妊娠検査薬をやってみると陽性、子供ができたのです。彼に報告すると、「やったね、結婚するか」と、素直に喜んでくれました。当時私たちは学生で、親に話をするのには少し勇気がいりました。しかし、私は両親に話をすると「2人で責任を取れ」と、少し怒られましたが結婚を認めてくれました。両親に感謝をし、彼にそのことを伝えると、彼はまだ家族に言えない…と、3週間ほど話を放置されました。さすがに子供がお腹で育ってきているので彼を説得し両親に話をしてもらうと、私に半泣きで「堕ろせ」と言いました。「両親が俺の将来性が悪くなるから彼女の言いなりになんてならず堕ろせと言うから堕ろしてくれ」と、言い放ちました。その瞬間、私の中では彼への気持ちが一気に冷めたのです。無責任にもほとがある、悲しくなり、子供は1人で産むことを決め、別れ話をしました。しかし別れてもくれません。子供はお腹の中で育つばかりです。母子手帳ももらい、私は本当に別れる覚悟をしました。そんなとき、「堕ろせないなら、別れたくもないし仕方ないから結婚するよ」と彼から話をされました。もちろん、彼への恋心なんてさらさらありませんでしたが、子供のために結婚をしろという両親の言葉をのみ、彼は今私の旦那になっています。しかし1度冷めた恋心はとても戻りません。結局、別居を始めた私たちですが、まだ、別れることを受け入れてもらえずにいます。